甲賀の里より

2013年2月 甲賀の里で太陽発電所を開設しました。開設の経緯、運営状況と投資バランスを記録します。              isofoton 250wx40=10.0KW     パワコン = 9.5KW        折半屋根 傾斜0度(フラット)

imamuralondon

Author:imamuralondon

ワンコ タロー  チワワ 13歳         バイク Shadow750 17年目

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
56位
アクセスランキングを見る>>

最新コメント

RSS

2013年02月のエントリー一覧

  • 春の陽気

    今年始めての春の陽気。 朝からベランダでスヤスヤです。ソロソロ散歩です。...

  • 2月26日発電初日

    2013年2月26日(何と226とは歴史的な日です)の発電を終了する。開始時刻 11:30 (ブレーカON)終了時刻 17:10 (日没)発電時間 5時間40分天気 快晴後夕方から曇り 青森では豪雪だが、甲賀でも小雪が舞い散る寒い日が続く。本日も最高気温は5度程度である。 初日を終了し(半日程度だが)発電量は10.5KWHであった。朝から快晴だったので、1日に換算すると約20KWHで、期待値の半分以下である。これは、周囲の電圧が107v以...

  • 2013年2月26日発電開始

    ...

  • 連携工事

    2月25日余剰電力売電メータの取り付け工事実施。現行の受電メーターと深夜電力用メータ-も新しくスマートメータ-に取り替えた。連携工事は完了したが、太陽光のブレーカー開通はあすのため、本日のモニターはまだ買電表示のみである。エアコンと照明で1.5KW平均の消費であった。【本日のモニター】...

  • モニター

     太陽光発電のブレーカはOFFのため、発電電力は0KWだが、買電=消費電力が表示されている。なお、CV21のモニターはパナソニック(旧SANYO)のOEMのため、実質的にパナのオーナーと同じモニターである。SANYOでは「エネステーション」といっている。 CV21の品番は カラーモニター:CVRM-CAT1    送信ユニット:CVRM-SST1このモニターをインターネットで遠隔監視したいのだが、いい知恵ないものでしょうか?         ...

  • 接続箱とパワコン

    関電による売電メーターの取り付けと受給メータの交換工事が2月25日に決まる。また、2月26日の朝に太陽光発電のブレーカーをONにし、いよいよ、発電開始である。【接続箱の中】【パワコンとブレーカ】...

  • ISOFOTON & OTHER

     昨日はISOFOTONの紹介をしましたが、今日はISOFOTONの生産規模の紹介とついでに国産メーカーとの規模と生産性の推測(?)比較をしてみます。 ISOFOTONは1981年に設立された太陽パネル開発製造の専業メーカーである。HPによると生産規模は23万KW、売上高は1億2300万ユーロ(日本円で130億円)。 ここで少し面白い試算をします。ISOFOTONのパネルの出荷価格はいくらになるでしょう。非常に乱暴な計算ですが、当社が全てパネル生...

  • Why isofoton ?

     昨日、屋内電気工事も終了し、来週の関電によるメータ設置と連携試験を残すだけとなった。因みに現在の契約形態は一般的な「従量電灯A」と「深夜電力B」であるが、シュミレーションの結果「時間帯別電灯」に契約を変更することにした。これにより夜間の冷暖房コストが大幅(50-60%)に削減されることが期待される。 さて、本日は日本では一般的にほとんど知られていないイソフォトンを選んだ理由についてもう少し詳しく経緯を書...

  • パネル完成

    朝のうちは雪も舞っていたが、3日ぶりに陽の差す天気になる。昨日屋根に取り付けられたパネルの配線工事が行われた。パワコンが5.5kw+4.0kwのため40枚の250wパネルで発電された電気は2系統に分かれて各々の接続箱を経由してパワコンまで流れる。【折半屋根に固定されたラックに掲載されたパネル】【北側からのパネル】【パネル全景】【屋内壁に設置された接続箱】...

  • パネル取付

    朝から雪が降り工事はなかなか着手できない。天気予報どおり午後になって雪は止むが、気温が上がらない中パネルの屋根揚げ開始する。一昨日に施設したラックレールに手際よく並べ、配線し固定していく。作業は4時までに完了する。気温3度。手もかじかむ中の作業である。ご苦労様でした。【昇降機で屋根へ】【ラックレールに配列】【手際の良い作業】【7分どおり作業完了 全部で40枚になる)...

  • パネル搬入

    本日は直前の天気予報どおり一日中雨。9時にパネルと機器の搬入を実施したが、雨天のためパネル取付は順延となる。本日の工事はパワコンと接続箱の取付で終わる。ベテラン技術士2名に手際のよい仕事をしていただいた。また、メーカーのCV21の営業責任者にも搬入に立ち会っていただきました。感謝。【パネルは約100cm x 167cmで1枚に60セルが収まってこれで最大250W発電する】【パネルを20枚重ねで合計40枚 これで最大10kwを発電す...

  • ラック取付工事開始

    2013年2月17日(日)先週の天気予報の予想に反し、明日からは下り坂のため、1日前倒しで工事を開始する。isofoton社の折半屋根標準仕様のアルミ合金製ラックである。折半にドリルで穿孔し特殊ゴムパッキン付の金具をボルトで固定する。折半の凸部分に穿孔し、穴はパッキンで締め付けるので漏水はない。【工事前屋根全景】6.8m x 15.0m 約100㎡ 錆止めスプレーのため斑模様になっているアルミ合金製取付金具とラックレール100㎡の...

  • 外はまだ冬の天気

    外は5 °C タローはソファーで日向ぼっこ...

  • エコめがねかモニターか

     甲賀太陽発電所の機器搬入と工事の開始が来週月曜日(2月18日)に決まりました。天気予報でも晴れのようなので、順調に行けば20日位に関電によるメータ取付と系統連携が始まります。いよいよ甲賀発電所のオープニングです。オープニング前からブログを開設し準備運動をしているが、発電開始ともなると毎日「発電日誌」をつけたいものです。 しかしながら、毎日発電所のモニターの前に座り、管理をすることもできないで悩んでい...

  • 固定買取価格の値下げ

     1月に経産省は、来年度からの太陽光発電の固定買取価格を30円台後半に改訂をすると発表した。このニュースは一般的には大きな扱いではなかったが、太陽光発電を計画している者にとっては大きいニュースでした。元来42円は相当な高単価と言われていたので、いつかは改訂されるとは思っていたが、とりあえず37-38円に落ち着きそうだということで内心ホットしている方も多いのではないか。また、今年度中に発電開始する者にとって...

  • 屋根貸しの損益計算書

     2012年7月に住宅用太陽光発電の余剰電力売電価格の10年間の固定価格(事業用は20年間)が発表されて以来、大手企業の参入が取り沙汰されている。ここでは住宅用の屋根をターゲットにしたDMMとSOFTBANKを比較してみる。 DMMのケースは初期費用がほとんどいらないのがメリットだが、10年間は売電の2割しか残らないので15年程度までは住宅用投資のほうに軍配が上がる。それ以上の長期でオーナーメリットが出てくることになるが、...

  • 資金計画

    太陽光発電をキーワードにしたローンが百花繚乱である。各銀行とも色々趣向を凝らしているが、最も太陽光発電に特化したのが、静岡銀行のソーラーローン。利率もさることながら、そのユニークさは日照時間保証である。年間の基準日照時間に達しなかった場合は補償金を支払うというものである。次にビックリ利率の京都信用金庫。そして、ネットでリーズナブルな利率のイオン銀行のソーラローン。以下に各ローンを紹介します。①静岡...

  • Shadow750

    1999年夏にCB400から乗り換えて13年になる。年間数回のツーリングのみ使用。1泊2日の温泉ツーリングがメインだが、夏には3泊でロングツーリングに出かける。13年間走って、50,000kmを超えた。無線、カメラ雲台、iphone固定装置等を自作でアクセサリーとしている。iphoneは電話だけでなく、GPS速度計、距離計、ナビ、地図等便利ツールとして活用している。1999年デビュー当時 (信州秋葉街道)   冬はガレージで冬眠中    ...

  • タローの紹介

    チワワ 9 歳 ♂体重 5.5Kg(デカチワワ)散歩と2度の飯が楽しみです。o(^o^)o         【ソフトバンクの犬と2ショット】...

  • 住宅用か事業用か

     住宅用太陽光発電導入支援は、10KW未満であり買取期間は10年間である。一方、事業用太陽光発電は、10KW以上であって補助金はないが20年間の買取保証である。一般的な4KW程度の住宅用とメガ発電では比較するような問題はないが、ちょうど10KW発電はどちらの選択肢もある。そこで下記のような比較をしてみた。20年間発電を続けた場合は補助金をもらわずに20年間の買取保証の方が有利だが、投資回収を早く確実なものにするためには...

  • メーカー別パネル比較

    2012年12月現在、国内外含め数十社がパネル制作している。商品アイテム数では数百種類に及ぶので、ここでは産業用で250W級を生産している主なメーカーを比較する。ソーラーフロンティアのCIS系を除き、各社共シリコン単結晶である。モジュール変換率はほぼ15%以上である。しかし、実際の発電出力は、斜め入射に強いとか、影に強いとか、高温に強いとかのパネルの特徴があり、変換率だけでは判断できない。最終判断はメーカーが作成...

  • 太陽光モジュール

    パネルの仕様は以下の通りで、国産メーカー品と同等である。甲賀発電所は250KWを採用する。確かにバイパスダイオード付きである。イソフォトンのモジュール25年リニア出力保証は初年度劣化3%以内、2年目以降0.7%の劣化と、1年ごとに出力保証が区切られているため、年ごとの出力基準を下回った場合は保証を受ける事が出来ます。※日本メーカの保証体制では製品購入直後に出力が劣化しても90%以上の出力があれば保証を受ける事が出来...

  • 年間出力予測

    グラフのとおり、最高値の5月と最低値の12月ではその出力に2.2倍の差がある。フラットタイプは夏場が勝負。夏の天候を祈るしかない。また、温度による能力低下があるのでパネルの温度上昇管理も重要となる。(スプリンクラー散水もありえるがコストとの見合いとなるだろう)...

  • 月別発電予測と導入効果

    発電量は太陽パネルの性能、設置角度、緯度と温度により変化します。下表はISOFOTON国内販社のCV21がシュミレーションしたデータに家庭用消費を加味しています。これによると、①年間導入効果が約41万円になる。②日射量とパネル角度(0度)により、季節変動が激しい。冬場はフラットのため、太陽光の入射角が極端に低いため、5寸屋根に比べ70%程度だが、夏場は逆に5%程アップする。年間通じては93%のパフォーマンスになる。③この...

  • J-PEC補助金について

    J-PEC(一般社団法人太陽光発電協会)の補助金は、①10kw未満の家庭用発電を対象としますので、10kw以上の事業用発電は対象外です。今回9.99KWで認可されたので日本最大の家庭用太陽光発電となります。 ②補助金の仕組みは、(以下J-PEC HPから)太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり35,000円※、または30,000円※ ※1kW当たりの補助対象経費により、補助金の単価が2段階の設定となります。 1kW当たりの補助対象経費(税別)   ...

  • 機器構成

    機器構成は以下のとおりです。太陽光モジュールは10.0KWですが、パワコンを9.5KWとしているため、10KW未満の住宅用太陽光発電としてJ-PECの認定をを受けています。なお、認定最大出力は9.99KWとなり最大限の補助金支給となります。(J-PECの規定では10KW以上の出力については上限9.99kwとして補助金算出することになっています)CVPC-055T1は島根三洋電機製PV-PC55A2(VBPC255A3) CVPC-040T1はテクノデバイス製PV-PC40A5(VBPC240A6)...

  • 工程計画 (契約から発電開始まで)

    契約から完成まで約2ヶ月。この間に、①経産省への登録②J-PECへの申請③電力会社への売電申請④融資の申し込み(詳細後日)があります。...

  • 収支目論見

    【太陽光発電ってエコなのは解るが投資に見合うものなの?】一般的な疑問点です。ここでは、投資対効果についての検討をします。①太陽光発電はいくらかかるのか? 発電能力と効率により大きくかわります。J-PEC(いわゆるお国の助成金)では、55万円/KW以下について補助金を支給としていますから、最低限この価格以下での検討となります。しかしながら、各メーカーのサイトを覗けば、40万円前後/KWが相場のようです。12年前にはkw...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫